◎アナザーストーリーズ 運命の分岐点 NHK・BSプレミアム            「パク・クネ弾劾の舞台裏 ~その時、韓国は沸騰した~」  11/19(月) 再放送

深夜(11/19 23:4500:45)、偶然にチャンネルを合わせた番組に見入ってしまった。
パク・クネ大統領の不正疑惑を暴き、弾劾にまで追い込んだマスコミ記者の地道な取材経過と、その報道を受けて、韓国中の怒りが沸騰する様子も詳しく紹介する内容だった。


テレビ局上層部に権力側の圧力がかかる中、各社の記者達はひるまずにスクープを報道し続ける。
スリリングでテンポの良い構成で、謎解きを見るように、どんどん番組に引き込まれていく。
全土で延べ1600万人が参加したと言う「ロウソク革命」。
その背景には、2014年の「セウォル号沈没事故」により、政治に関心を持つ人が増えたこともあるという。
毎土曜日のデモが4か月間20回にわたって続く中、弾劾裁判所の「大統領罷免」の判決が出る。
番組最後で、ナビゲーター(松島菜々子)は「韓国の人々は政府の不正に目をつぶらなかった」とコメント。
決定的なスクープを報じた二人の記者は・・・
「実際は国民が社会を動かす」(ソン・ヨンスク記者)
「権力に左右されないメディアを作りたい」(イ・ジュドン記者)

番組を見ながら、何度も日本の「モリカケ疑惑」を思っていた。
疑惑解明には権力に屈しないメディアの報道とともに、国民の側が「不正は絶対許さない」という気持ちを持ち続けることが大切だと改めて気付かせてもらった。
見逃した方に是非お勧めしたい番組だが、残念ながら今回が再放送。アンコール放送を望みたい番組である。


(K.F)