活動方針(暫定)

 

2017.10.

 

放送を語る会・大阪(近畿)の当面の活動方針

 

1. 基本方向 

 1988年の“天皇報道”が、あまりにも過剰報道だったことをきっかけに、19895月に大阪で、「放送と労働・全国研究集会」が開かれ、翌19908月に東京で「放送を語るつどい'90」が開かれた際に、視聴者、研究者、放送労働者が協力し合って研究・討論・発言していく組織として「放送を語る会」が発足しました。その後、活動の中心は東京に移りましたが2009年まで20年間毎年、それ以降も随時「全国の集い」が開かれています。 政治権力が、国民を支配する道具としてメディアを利用してきたことは戦前から一貫してますが、特に安倍政権になってからの圧力・介入は顕著です。

 

【視聴者・市民運動の重要性】 

  1.  言論・放送の自由を守り権力の介入を許さないことは重要な課題であり、メディア問題を考え、権力を監視することが、視聴者・市民運動の共通の課題です。また、公共放送のあるべき姿を追求し、NHKのあり方、経営、番組などについて語り合い批判や激励を行います。 
  2. NHKOBが中心になっている現在の組織と運動を、現役労働者へも参加を呼びかけるとともに、多くの視聴者・市民団体と協力して取り組む市民運動に発展させていくことが求められています。 

2. 会の名称と事務局体制 

  1. 名称「放送を語る会・大阪」

  2. 年会費(年度)は3000円

  3. 必要に応じ、カンパ書籍販売で経費を賄う

  4. 事務局体制 大林・北村・高谷・服部・福井・山村・吉田  会計:谷本

     

 3.行動計画

  1. 年2回の学習会開催を行う。

  2. 外部からの要請にこたえ学習会の講師を派遣する。

     

4.その他の活動

  1.  東京事務局と連携したモニター活動
  2. 大阪・近畿の視聴者団体との協力・連携
  3. NHKや民放の労組との交流
  4. NHKへの申し入れや懇談