放送メディア全体の問題、日々の放送をみて感じることなどど気軽に書き込んでください。

放送を語る会・大阪は「市民が放送を監視し、良質な放送を励まし、市民のための放送のあり方を語る会です」そのためにも、掲示板を通じて閲覧者が相互に意見交換がしやすいよよう、書き込みはできる限り放送局や番組名をあげて、その姿勢や内容に対して批評や励ましをいただきますようにお願いします。もちろん放送界全体を俯瞰した問題提起も歓迎です。

また、特定の個人、団体への誹謗、中傷、および、品位に欠けるものは遠慮ねがいます。

 

書き込みは以下のフォームにて送信願います。

ホームページ欄は記入無しでOKです。

 ***************

コメント: 18
  • #18

    平林 光明 (火曜日, 07 8月 2018 00:36)

    8月を迎えNHKをはじめ民放でも、戦争・原爆を取り上げたドキュメンタリーやドラマが、数多く放送される。これを”年中行事”と揶揄する向きもあるが、広島・長崎・沖縄に赴任した放送関係者は、1年前から翌年のテーマをリサーチする。仮に”年中行事”にせよ、戦争を風化させないために、こうした番組が毎年放送されることは大事なことである。初めて向き合う人もいるだろうし、新しい資料が見つかったり、以前拒否した人が心境の変化などで、新しい証言をしてくれることもあるだろう。2番煎じでない力作が毎年放送されることに、放送人の使命感が伺えると思う。
    6日にはNHK総合で2つの番組が放送された。22時からの「NHKスペシャル、被爆二世・葛藤の戦後」は、所用でながら視聴になってしまったが、19時30分からのドラマ「夕凪の街桜の国2018」は、良く出来た作品だった(感想は「番組語り場」に)。これからも続々放映されるが是非視聴を呼び掛けたい。

  • #17

    K.O(和歌山) (水曜日, 20 6月 2018 10:20)

    ABCラジオ「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」の中で「加計幸太郎記者会見」を厳しく糾弾!タイム・エリアフリーで是非とも聞いてください。ほんまスカットします。国民を愚弄、税金を食いものにしている加計幸太郎を「記憶も記録も残しておく必要がある」更に「愛媛県や岡山県の人たちはもっと怒らないと」力説の放送でした。三代澤さんはABCエグゼクティブアナウンサーで管理職。放送直後、視聴者から「恐ろしい教育者だ」とのメールも紹介。(9時40分~10時5分ぐらいの放送間)。20(水)ABC12時からの「桑原征平 粋も甘いも」でも 征平さんが糾弾コメントするでしょう。

  • #16

    平林 光明 (水曜日, 06 6月 2018 00:36)

    政府の規制改革推進会議が、放送制度改革の答申の中で、「放送法4条撤廃」を見送りました。各団体がいち早く反対の声をあげた結果、今回の安倍政権の下での「4条撤廃」を押し返すことが出来ました。引き続き警戒を続けるとともに、答申で触れている、NHKのネット配信の問題について、他メディアとの関係や、受信料制度との関係など、我々も研究を急ぐ必要がありそうです。

  • #15

    K.O.(和歌山) (木曜日, 19 4月 2018 16:45)

    この時期に安倍総理に続いて麻生大臣のG20出席、タイミング良い政権主役のお出かけですね。昭恵夫人や柳瀬元秘書官も随行。我々の税金が使用され海外出張の慰労だと思うと・・・。
    セクハラ報道で読売新聞が「取材情報を週刊新潮に提供したことについて不適切な行為」
    と非難している。たしかにマスコミ人として取材源の秘匿は厳守すべき。しかし、このセクハラは自らが被害者で加害者が分かっている時、どのように対処すれば良かったか?
    過去に真実、事実報道が自社で報道しない(されない)ときは週刊誌リークもあったのでは。マスコミ各社は今回のTV朝日を教訓とし、毅然たる態度で正義報道に徹して欲しい。
    週末のYTV「そこまで言って委員会NP」でTV朝日や記者バッシングが? 注視したい。

  • #14

    平林 光明 (土曜日, 14 4月 2018 00:59)

    私も先の#10の投稿で、放送法4条撤廃の動きに、警鐘を鳴らしましたが、13日東京の「放送を語る会」が、「政府の放送制度改革方針の撤回を求める」声明を発表しました。この声明を全面的に支持します。

  • #13

    K.O(和歌山) (木曜日, 29 3月 2018 08:50)

    安倍政権は着々と自由と民主主義を破壊する法律改正を策略する。 今度は「放送の政治的公平は必要無し」と放送法改悪の検討が始まっている。先の掲示板投稿で問題提起あり。既報であるが肝心のNHK、民放各社の報道が弱い。関係者の意見では野田総務大臣は「公序良俗を害するような番組や事実に基づかない報道が増加する可能性が考えられる」と慎重姿勢。民放連会長も「フェイクニュース問題点や民放はバランスの取れた情報を無料で提供している役割はこれまで以上に重要だ。単なる資本論理や産業論だけで放送を切り分けてほしくない」とクギを刺した。民放労連も自民党の「放送内容への介入問題」やアメリカが30年前に公正原則を廃止したことで「政治的な党派色を強めた番組が増え、社会の分断を助長した」」との指摘から放送制度改悪反対と声明を出した。 一方、NHK会長やNHK労働組合はどうか。意思表示すべきである。まさかNHKは放送と通信の融合から賛成? NHKは放送法第4条改正案には無関係だから賛成?  「不偏不党のジャーナリズム精神や、高い番組制作力を政府、政権から自主自立の方針で進めている」と言うのはたやすいが、事は国民の知る権利や放送の自由に関わる大きな放送改悪と思う。

  • #12

    平林 光明 (水曜日, 28 3月 2018 00:49)

    27日の証人喚問は、悪い予感通り証言拒否のオンパレードでしたね。NHKの計算では46回とか。証人の人権の問題もありますが、毎回これでは、国政調査権は全くの骨抜きです。制度の改革を考える時期ではないでしょうか。それにしても、偽証罪の危険を冒しながら、官邸や政治家の関与は否定し、改ざんの話になると、突然刑事訴追の恐れを振りかざす姿に、公僕のはずの公務員が、特定の政治勢力に仕える様にぞっとします。
     それから山村さんの投稿にあるように、NHKがやっと27日正午のニュースから、「改ざん」を使用することになりました。私の聞き違えで無ければ、証人喚問のニュースの後に、佐川証人も改ざんを認めているので、NHKも今後「改ざん」を使用するとの、お断りがあったと思います。
    やっと当たり前の状況になりましたが、自主的判断で無いとは情けない限りです。

  • #11

    山村惠一 (火曜日, 27 3月 2018 13:08)

    NHKがようやく「改ざん」と表現
    「森友公文書」報道のなかで、NHKが「書き換え」と表現し続けてきました。NHKが、いつ、どの場面で表現を変えるかを注視してきましたが、本日、正午のニュースの中で項目タイトルを「改ざん」としました。アナウンサーは、これまで「書き換え」としてきたのを、今後「改ざん」と表現すると伝えましたが、その根拠は明らかにしませんでした。「改ざん」の指摘に「そう言われても仕方ない」総理の答弁や、佐川証人が「改ざんといわれることを重く受け止める」と証言したことからでしょうか? 「忖度」したわけでもないと思いたいが、NHKがどうして「書き換え」と言い続け、何を根拠に「改ざん」と改めたのかを、主体を持ったジャーナリストとして、説明する責任があるのではないでしょうか

  • #10

    平林 光明 (日曜日, 25 3月 2018 01:11)

    3月24日付の一部朝刊に「政府 放送法4条の撤廃検討」という記事が、掲載されていた。4条については事あるごとに、議論の対象にされてきたが、「撤廃」まで踏み込んできたのは、初めてではないかと思われる。もっとも政府と言っても、所管官庁の野田総務相は、「4条は非常に重要」と疑問を呈しているので、おそらく安倍官邸主導の動きだろうが、注意する必要がある。「放送法4条」とは、政治的に公平であることや、意見が対立している問題については、多くの角度から論点を明らかにすることなどを、放送事業者に求めているもので、言論機関を法的に縛る側面もあり、識者の中でも賛否が分かれている。確かに欧米では旗幟を鮮明にして、読者や視聴者とつながっている報道機関も多いが、「国境なき記者団」が発表している、「報道の自由度ランキング」で、先進国最下位の72位に位置づけされているわが国では、危険な話である。縛りの無い放送局を自由に作れるようになれば、先般問題になったMXテレビのDHCシアターのような、フェイクニュースで埋め尽くす放送局が出ないとも限らない。権力と資金力では圧倒的に有利な勢力に、席巻される恐れがある4条撤廃は、今の段階では許さない警戒心を持つ必要が、あるのではないだろうか。

  • #9

    K.F. (土曜日, 24 3月 2018 10:23)

    議事録削除に疑問

    3月20日、各テレビ局のニュースで「参院予算委員会は理事会で、和田政宗、渡辺美樹両議員の発言の一部を議事録から削除で一致」と報じていた。これで問題解決ともとれる報道に疑問を抱いた。

    削除された発言内容は…
    和田氏『アベノミクスを潰すために、安倍晋三政権をおとしめるため意図的に変な答弁をしているのではないか」
    渡辺氏『お話を聞いていると、週休7日が人間にとって幸せなのかと聞こえる』

    議事録から削除して一件落着でいいのか?
    削除理由を付し、抹消線挿入して原文は残すべきだと思う。
    財務省の公文書改ざんに批判が集まる中、後世への資料とも言うべき国会議事録を『改ざん』することは大いに問題があるのではないか。

  • #8

    山村惠一 (土曜日, 17 3月 2018 09:03)

    「森友」に極似の結末。BS朝日の「点と線」再放送(3/16前後編放送)
    昨日ビートたけし主演の「点と線」のエンディングをたまたま視ていて、大物政治家と官僚の「忖度?」が森友と同じ構図ではないかと驚いた。情死に見せた殺人事件と汚職疑惑を背景に、克明に事件を解明していく松本清張の原作だが、この放送では、殺人犯は産業経産官僚のTOPで、追い詰められ妻と自殺して事件は解決?だが、大物政治家は疑獄から逃れ、官僚組織は何事もなかったかのようにつながっていく結末に、いまの「森友」をみたのである。
    BS朝日には意図はない思うが、結果としてこのタイミングの放送にゾクッとした。

  • #7

    K.O(和歌山)」 (木曜日, 15 3月 2018 19:22)

    今日、3/16(木)NHK19時ニュースは森友疑惑がトップでした。その中で、近畿財務局職員の自殺メモを詳しく報道した。 この詳細報道は今ままでにない姿勢と感じた。 自殺した本人および残された家族の無念さ悔しやが伝わった。 この自殺は労働災害だと思う。 同僚の死を無駄にしない財務省関係者の勇気ある告発行動に期待する。

  • #6

    K.O(和歌山) (木曜日, 15 3月 2018 10:40)

    スカットする放送済みですがラジオ番組を紹介します。3/14(水)ABCラジオ桑原征平「粋も甘いも」井戸端ニュースコーナーで安倍総理、麻生大臣を見事にズバット斬りまくり!いやー胸がスカットする。ラジオに向かって「その通り!」とエールを送る。独断とはいえ話す内容はリスナーが知りたい事や真相究明するにはマスコミが大きな役割を果たすと力説。朝日や東京新聞を例に出す中で、元会社のKTVは余り・・・と笑いもとりながら。 ラジコプレミアムでエリア、タイムフリーで聞けます。 木曜日も「粋も甘いも」放送あり。教養と笑い番組です。

  • #5

    山村惠一 (木曜日, 15 3月 2018 08:33)

    森友公文書「改ざん」「書き換え」?続報
    昨日、3月14日の放送では、各局の項目タイトルは、民放ネット局はいずれも「改ざん」、NHKだけが依然として「書き換え」でした。「書き換え」は財務省の行った事象(事実)で、その本質(真実)に迫る報道になっているのでしょうか?、国民の知りたいことに応えているのでしょうか?。
    ただ、「ニュース7」の本編では、確か一度「改ざん」と表現したところがあったことを付け加えておきます。今後も注視していますよ。

  • #4

    K.O(和歌山) (水曜日, 14 3月 2018 20:41)

    自民党議員が安倍総理、麻生大臣さらに財務省官僚を追及する筋書き質疑の芝居に吹き出した。 大声を上げて官僚を追及しているシーンでは麻生大臣は含み笑い。 自民党委員席は緊張感など感じとれない。安倍総理、昭恵夫人、麻生大臣の火消しをすればするほど疑惑が深まるばかり。 新聞、TV報道は真相究明を徹底的に迫って欲しい。

  • #3

    K.O(和歌山) (水曜日, 14 3月 2018 20:39)

    昨日(3/13)のBSフジ「プライムニュース」で小泉元首相は、あの発言「総理も辞める、議員も辞める」との発言が・・・、これに財務省官僚が、これは大変だーと。忖度した結果だと思うと。この前に、佐川前局長の人事についても「何で適材適所なのか」とズバット指摘も。なお、このタイトルは「財務省書き換え問題」で改ざん」ではなかったが「司会者は改ざんと発言するところもあった。 14、15日もこの問題追及?の放送予定あり。 小泉元総理は誰の指示で忖度したかは触れなかった。司会者も質問しないところがフジ、産経かなーと。

  • #2

    山村恵一 (火曜日, 13 3月 2018 18:31)

    森友文書続報、今日の大阪ローカルの関西テレビ、読売テレビでは”改ざん”と表現しています。
    ネット局及びNHKの表現を見つめていますよ。

  • #1

    山村惠一 (火曜日, 13 3月 2018 18:29)

    「森友公文書改ざん」メディアの姿勢に違いが出ていますね。テレ朝、TBSは改ざん、NHK、日テレは書き換えと表現。政権は当時の佐川理財局長の国会答弁に整合性をもたせるため、理財局の一部のやったことだとして、本人の責任については知らぬ顔だが(表情は苦し気?)、そもそも、官僚が決済文書の内容をたがえて国会に答弁するものでしょうか?ありえない話である。まずは不都合な真実を隠す(忖度?)ストーリーがあり、それに沿って答弁し、書き換えの流れが見え透いている。広辞苑によると「改ざん」とは、不当に改めることとあり、森友公文書は改ざんされたとするのが普通の感覚です。それとも、まだ、一部のメディアは政権に「忖度」しているのでしょうか。

管理者からのお詫び(2018年3月12日)

掲示板書き込みコメントを誤って削除してしまいました。復活をトライしましたが叶いませんでした。それで、事務局メンバーのメールに残っている分だけですが、以下に羅列的に掲載しました。内容や形式が正確に再現されていないと思いますがご容赦願います。投稿されましたコメントが手元におありでしたら、再投稿いただきますと同様に掲載させていただきます。

今後、最新の注意を払い、今回のような事態をきたさないよう努めてまいります。

 

 

2018年3月2日 服部

ペリー氏は元米国防長官ですが、昨年7月に採択された核兵器禁止条約を支持し、また北朝鮮問題の平和的、外交的解決について訴え続けている人であり、核兵器禁止条約に背を向けているアメリカ政府など核兵器保有国や日本政府と全く違う主張をしている人をNHKがゴールデンタイムで取り上げるのは画期的なことだと思います。ぜひ試聴してください。

 

 

 2018年2月27日 小倉孝雄   

会の趣旨に賛同し積極的に参加したいと思います。        

安倍政権は、森友・原発・憲法問題など個々の項目では支持が得られてはいないのに支持率は一向に下がりません。この要因の一つに報道の在り方があると考えます。国民の目線に立った国民のための放送はどうあるべきか・・微力ですが考え、声を上げていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

201823(アーチャン 

NHKの国会中継を見ていると、寄付行為で選挙違反を問われている某大臣。 

隣の大臣に語りかけ作り笑いで欺瞞の余裕は見苦しい限り。 

腹立ちまぎれのはけ口一句。 

   線香をあげてもみ手で拝む票

 

 

2018年2月2日

初めて投稿します 日中はゆっくりテレビを見られないのでニュース以外は録画して夜10時以降が私のビデオタイムです。ABC10倉本聰さんの[やすらぎの郷]をみた後[トットちゃん][越路吹雪]と続いています。特に[トットちゃん]は小さい時に戦争を体験した事が今の平和を強く願う生き様に繋がっているんだと思いました。[黒柳徹子を見ると貴女を思い出すよ] と昔職場の人に言われた事がありました。はじめは嫌だと思いましたが今は光栄です。それと徹子の部屋で瀬戸内寂聴さんと秘書の人の対談がありました強い絆で結ばれる二人に共通するのは苦境を笑いで乗り越えるユーモア精神だと言う事でした。いいお話ですよね      シャム猫

 

 

2018年2月1日 山中孝夫

   立ち上げおめでとう

 

2018年2月1日

NHK問題大阪連絡会 佐々木有馬

ホームページ立ち上げ誠におめでとうございます。
一層のご発展を祈念いたします。